アドバイザーブログ

3年目の挑戦!

8/6(日)、今年で3回目となる音声ガイド付き演劇公演がピッコロシアターで開かれます。今年は新たな取り組みに挑戦!とうことで、ピッコロ劇団自らが状況放送に挑みます。 劇団内で音声ガイドを実施する このことは、第1回目が終 […]

Read More

やってみることで見えてくる新しい発見

ちょうど1年ほど前、千葉県柏市にある文化会館(柏市民文化会館)の勉強会に呼んでいただきました。そこで出会った館長はとても熱意のある方でした。私が会館に着くなり「まずは見てほしい」と言って施設にある段差やスロープのない導線 […]

Read More

誰もが芸術に親しむ

3月18日、国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)で障害者の舞台芸術表現・鑑賞に関する実態調査報告会が開かれました。 その時に参加されていたミューザ川崎シンフォニーホールの前田明子さんのレポートが雑誌「ショパン」に掲載さ […]

Read More

車イスでもスムーズに

「バリアフリー」という言葉で一般的に思われるイメージは「車イスの方が利用できるスロープや段差のない設備」だと思います。もちろん、その他の障害の方を忘れてはいけませんが、車イスの方への配慮は高齢者や幼児、妊婦などにも有用で […]

Read More

障害者の舞台芸術表現活動の実態

調査からわかった劇場側の実態 そもそもワークショップなどの参加型事業をおこなっている劇場・文化施設は3割程度とそれほど多くありませんでした。でも、おこなっているところには障害のある人たちが約4割も参加していました。具体的 […]

Read More

仮説「障害のある人とのかかわりを持っている人は、ない人に比べてバリアフリーへの意識が高く、具体的な取り組みにチャレンジしている」

昨夏よりかかわらせていただいてきた”障がい者の舞台芸術表現・鑑賞に関する実態調査”もいよいよ今週末(3/18)に開催されるビッグ・アイでの報告会をもって終了します。 私は劇場・文化施設の部分を中心 […]

Read More

障害者の好きな音楽は?

「知的発達障害のある人たちは、どんな曲が好きなんでしょうか」 この質問に潜んでいる問題はなんでしょう。 こんなことを聞く人はいないと思いますが、「左利きの人はどんな曲が好きなんですか」と聞かれれば、「人ぞれぞれ」と答える […]

Read More

「選べる」ということ

前回のブログで貸出し台本の目的について書きました。では、貸し出す台本は具体的にどのようなものがいいのでしょうか。 台本をそのまま貸し出しているというところもあれば、あらすじやキャストが紹介されている「手助け本」というよう […]

Read More

Top