アドバイザーブログ

本番までに3つだけ手話を覚えるとしたら

前回のブログ「自分たちで見つける力」の続きです。 研修会の最後に、少しだけ聴覚障害のある人のサポートについての時間を取りました。ラッキーなことに、参加者の中に普段TA-NETで活動している萩原さんがいたので無理を言って手 […]

Read More

自分たちで見つける力

9/6、第5回目となるパラトリエンナーレアクセシビリティ研修講座が開かれました。第1回は私の講座で、第2回から4回までは地域の福祉施設やバリアフリーに取り組んでいる劇場の見学ツアープログラムでした。 今回は再び私の講座で […]

Read More

90人の高校演劇部員と考えるバリアフリー

8月18日、久しぶりに流山市にやってきました。 昨年の11月に流山市文化会館と一緒に取り組んだ「高校演劇×バリアフリー」以来です。去年は、高校生たちが作る演劇公演に私たちが字幕と音声ガイドを実施し、会館の職員が中心となっ […]

Read More

ピッコロシアター3年間の軌跡

今から3年前、2015年の夏にはじめて兵庫県にある尼崎青少年創造劇場(通称:ピッコロシアター)の音声ガイド付き演劇公演にアドバイザーとしてかかわりました。あれから毎年、ピッコロシアターは視覚障害のある人たちも訪れることの […]

Read More

ピッコロシアターでスタッフ研修

尼崎市の兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアターで「バリアフリーイベントスタッフ研修」の講師を務めました。今回は、劇場からのリクエストで「聴覚障害・避難誘導編」の講座となりました。 私自身、学生の頃に手話サークルに入っ […]

Read More

クラシックホールの目指すもの

7月1日、神奈川県川崎市にて開催された「ミューザの日2017 ウェルカムコンサート オーケストラ入門!」の遠隔情報保障字幕の運営にかかわらせていただきました。会場は、ミューザ川崎シンフォニーホール。約2000席の客席をそ […]

Read More

3年目の挑戦!

8/6(日)、今年で3回目となる音声ガイド付き演劇公演がピッコロシアターで開かれます。今年は新たな取り組みに挑戦!とうことで、ピッコロ劇団自らが状況放送に挑みます。 劇団内で音声ガイドを実施する このことは、第1回目が終 […]

Read More

Top